トップページ > 酵素の働き > 酵素の働きとは?

酵素の働きとは?

酵素とは生活する上で欠かせない存在です。体の中で起こるあらゆる化学反応に酵素は関与しています。体内には「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。年齢を重ねるに連れて酵素の量は減少してきます。野菜、フルーツ、発酵食品、酵素ドリンクで食物酵素を補給するも非常に重要です。



食の欧米化が叫ばれる中、お肉や揚げ物、インスタント食品などを食べる機会が大幅に増えたことで消化不良を起こしやすくなっていますl.消化器官を休めることで消化酵素を節約することが非常に大切になってきます。消化酵素と代謝酵素の具体的な働きを紹介します。

1)消化酵素
消化酵素の働きは「消化、分解、吸収」です。食べたものを消化、分解して栄養素を吸収する働きをします。消化酵素には何千と種類があり、それぞれが1つの仕事を行います。体に必要な三大栄養素「タンパク質」「糖質」「脂質」を分解することが消化酵素の大きな役割です。

タンパク質を分解してアミノ酸に、糖質を分解してブドウ糖に、脂肪を分解して脂肪酸に。それぞれを最小単位に分解して腸から栄養素として吸収されます。お肉や揚げ物は動物性タンパク質や脂肪が多いため消化酵素をかなり消費します。

2)代謝酵素
代謝酵素は脳の働きをはじめ呼吸、目の働き、筋肉運動、感覚認識など体のいたるところで非常に重要な働きをサポートします。さらに新陳代謝を活発にし、毒素、老廃物の排泄、細胞のリセット、自然治癒力を高める作用があります。

毒素を排泄することで血液がさらさらになり、脂肪などの余分な物を体外に排出します。ドロドロ血液は高血圧、糖尿病を引き起こすリスクがあります。消化酵素と代謝酵素の力で腸内の食物がしっかりと消化、分解、排出されることで血液の流れはよくなり、生活習慣病を予防してくれます。 さらに消化酵素がしっかり働くと基礎代謝があがり脂肪が燃焼しやすくなります。